Cocoonで「404 not found」が表示される時の解決方法

ゼロ
ゼロ

いつもありがとうございます。

青年投資家ゼロ(@investerzero)です。

僕はWordPressの無料テーマ「Cocoon」を利用しています。「404 not found」という見たことのないページが表示されていました。このままではせっかく時間を割いて書いた記事が表示されない!と不安になったのですが、すぐに解決できたのでたった5分でできる解決方法をご紹介したいと思います。

Cocoonで404 not foundが表示される時の解決方法

Googleアナリティクス内の「Search Console」をみて、ランディングページの分析を行おうと思ったら、検索されたているランディングページの中にこのようなページがあることが判明しました。

404 not found

「404 not found」と表示されていました。せっかくアクセスしてもらったのに、この表示だとすぐにこのページから離脱されてしまいます。なんとか解決できないかと思い、調べてみたら結構簡単だったのでご紹介したいと思います。

404 not foundとは?

404 not foundとは

404 not foundは、すでに削除されたページや、間違ったURLにアクセスした際に表示されるエラーです。404エラーページが表示される場合にはいくつかの原因があり、解決が必要とされます。

  • 古いURLから新しいURLへのリダイレクト設定ができていない
  • リンク先がリンク切れしてしまっている

404 not foundがあったとしても、基本的には404 not foundがブログ評価に悪影響を及ぼすことはないと言われています。なので解決方法をご紹介します。

404 not found解決方法

404 not found解決方法

404 not foundの解決方法は以下の2つです。

  1. 404 not foundのページから他のページへ誘導する
  2. 404 not foundのページから他のページで自動でリダイレクトさせる

今回は、404 not foundのページから他のページへ誘導する方法をお伝えしたいと思います。

404 not foundのページから他のページへ誘導する方法

画像を使ってご紹介いたします。

まずWordPress内の「Cocoon設定」から「Cocoon設定」にアクセスします。

次に、「404ページ」をクリックします。

404ページ画像には、自分で作成した画像を挿入します。

404ページタイトルにもお好みのタイトルを入れましょう。

全てお好みで記入したら、一番下の「変更をまとめて保存」をクリックします。

404 not foundのページが以下のように変更されました!

こうして、404 not foundのページに来られた方には、画像で次の行動を促します。

せっかく訪問してくれたユーザーに他のページをご覧いただくための布石にするイメージです。

設定自体はめちゃくちゃ簡単なのでぜひ試してみてください!

本記事の編集者

青年投資家ゼロBLOG(@investerzero

中小企業の平凡なサラリーマン(経営企画室所属)。全くの未経験から独学でブログを勉強。Twitterも同時に開始。副業ブログのおかげで今後の独立が見えてきました。本業と副業のブログを運営しながら奥さんと2人で暮らしています。


  • この記事を書いた人

青年投資家ゼロ

「好青年」と言われるけど貯金0円の27歳。| ブログと投資で脱貯金0円実現が目標 |大学在学中に起業▶︎売上5,000万円に成長!その後M&Aされて▶︎ヘッドハンティング▶︎中小企業の経営企画室最年少(独立目指す)ブログ開始2ヶ月で9,000PV/収益化成功 世界8ヶ国20都市訪問。キャンプが趣味。

© 2021 青年投資家ゼロBLOG Powered by AFFINGER5