お金の増やし方を教えてください!(山崎元・大橋弘祐) 要約

ゼロ
ゼロ

いつもありがとうございます。

青年投資家ゼロ(@investerzero)です。

僕が投資初心者にオススメする一冊、「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」をご紹介いたします。ネタバレ注意です!

お金の増やし方を教えてください! 要約してみた!

お金の増やし方を教えてください 要約

  • 仕組みを理解すれば得することがある
  • 銀行には近づかない
  • 複利の仕組みを理解する
  • 老後に必要なお金とは
  • 買った瞬間に元本割れする商品
  • 投資が怖いと認識されている理由

今回、僕が読んだ「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」は先生と生徒という対話でストーリーが進んでいくので非常に読みやすい一冊です。投資に興味がある人や、投資を知りたい人にはぜひオススメしたい一冊です。

仕組みを理解すれば得することがある

今回いろいろお話を聞かせていただいてわかったのは、世の中には知っているだけで得することがたくさんあるということです。しかも、理解してしまえば、「なんだそういうことだったのか」と思えて、そんなに難しいことではありませんでした。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!(山崎元・大橋弘祐)

投資って言われるとなんだかギャンブルのようなイメージを持つ方がいると思いますが決してそうではありません。自分の身体を労働力として活用しているのと同様に、お金に働いてもらうという仕組みなので活用した方が良いでしょう。効率よく資産を増やすきっかけになり得ると思います。

国債が一番リスク低!?

国債とは

国債とは国の発行する債券です。国債の発行は、法律で定められた発行根拠に基づいて行われており、大別すると普通国債と財政投融資特別会計国債(財投債)に区分されます。なお、普通国債と財投債は一体として発行されており、金融商品としては全く同じものです。

財務省HPより参照

国が債権を擦れば擦るほど借金が増える!と懸念される方もいらっしゃると思いますが、本書ではこのように綴られています。

日本国債の買い手ってほとんどが日本国民だから、もし日本が国債の借金を返せなくなったら、お金をたくさん刷って、国民に返せばいいの。でも、ギリシャの場合は他の国からお金借りてたし、使っているお金がユーロだから、お札刷って返すってことができない。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!(山崎元・大橋弘祐)

銀行には近づかない

銀行ってどんな仕組みだろうと考えると、単純にこの説明に尽きるようです。

銀行にちかづかない方が良い。金持ちには投資させて手数料、貧乏人には金を貸して金利で稼ぐ。(中略)電器屋がメーカーからテレビを仕入れて売ってるのと一緒で、銀行は他の会社の商品を窓口で売ってるだけなの。でも、個人向け国債は銀行の儲けが少ないから、利幅の大きい投資信託とか保険を勧めてくる。せっかく投資に興味があるお客さんが来たんだから、そうするよね。そのときに、さっき話した『日本は巨額の借金をしているのに、日本国債でいいんですか』と、不安を煽ろうとする。要するに客が得するものじゃなくて、自分たちが得するものを売ろうとする。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!(山崎元・大橋弘祐)

銀行が金融のプロを認識している方も多いと思いますが、決してそうではありません。むしろ、銀行もビジネスなわけですから、儲けが必要なわけです。そこで、金持ちには投資させて手数料、貧乏人には金を貸して金利で稼ぐモデルが構築されることになりました。無知のまま銀行に相談すると上手くノセられます。

複利を理解する

投資で理解しておくべきことの一つが、複利という仕組みです。複利のことを、かのアインシュタインはこのように表現しています。

複利効果は人類最大の発明である。

アインシュタイン

複利について詳しく説明していますのでこちらをご覧ください。(複利とは

投資で稼げる金額の計算方法

投資額に対して2倍になるまでの年数を計算する公式はこちら。

投資額の2倍になるまでの年数計算方法

72 ÷ 年率(%)=投資額の2倍になるまでにかかる、おおよその年数

例)年率5%だと、72÷5=14.4

つまり、500万を1,000万にするには14.4年かかる計算になります。

資産形成セミナー

個人向け国債3種類のオススメはこちら

個人向け国債3種類

・固定3年型

・固定5年型

・変動10年型(10年間引き下ろせない)これがオススメ!

理由:長期金利に合わせて国債の金利が変動するから

老後にいくら必要か

老後にいくら必要か詳細はこちらに記載しています。(こちら

『老後にいくら必要か』は、こう考えるのがいいと思う。多めにみて老後を30年生きるとする。もし360万円を貯めておけば、年金でできる最低限の生活に、ひと月あたりプラス1万円の生活。720万円を貯めておけば、月プラス2万円の生活。そう考えればわかりやすいんじゃない。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!(山崎元・大橋弘祐)

ちなみに、老後に備えて投資しようと思った場合、投資額を少しずつ増やしていくよりは、一括でドンっと投資する方が良いとも言われています。その理由は、毎月少しずつ買うと、分けて買う分だけ購入手数料(イニシャルコスト)が余計にかかるからです。投資額を決めたら、速やかにその状態をつくるのが合理的だということです。

買った瞬間に元本割れする商品

ギャンブルを一切しない僕は、宝くじは買った瞬間に半額50% 競馬は75% サッカーギャンブルは50%になるということを知りませんでした。本書によるとこういう理由のようです!

それぞれ胴元に持っていかれる。経費や税金を抜いた残金を勝ち負けによって分配するのがギャンブル。本質は娯楽。娯楽の利用料みたいなもの。誰かが得をしたら誰かが損をするゼロサムゲーム。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!(山崎元・大橋弘祐)

ゼロサムゲームとは

ゼロサムゲームとは、複数の参加者が存在する中で、それぞれの得点と失点の総和(=サム)が、常にゼロであるというゲームのことを言います。「ゲーム理論」と呼ばれる経済理論の一種です。

ギャンブルと投資は違う

そんなギャンブルと投資とは全然違います。

投資家は配当を得る、または株価の値上がり益を得ることができます。誰も損をしない、皆が得するビジネスモデル。なるほど」と頷いてみたものの、まだ腑には落ちていなかった。 「むろん、事業が上手くいかないこともあるでしょう。しかし、利益を上げようと努力することで企業間の競争が活発になり、社会のイノベーションにもつながります。また、投資した事業が上手くいけば、社会が必要としている資本やサービスが提供され、働く場も税金も増えます。つまり投資とは、私たちの暮らす資本主義という社会を豊かにさせるための行為。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!(山崎元・大橋弘祐)

つまり、投資した資金は企業の事業に投じられ、企業活動を通じて利益を生みます。期待通りに利益が出れば、その投資額に対して還元されるわけです。ただし、手数料が取られることが注意です。

手数料を極力抑えて、効率よく運用していくためにiDeCoや、つみたてNISAを使うことが好ましいでしょう。iDeCoについてはこちらでまとめています。(詳細はこちら

投資が怖いと言われている理由

投資が怖いと言われる理由は「知らないから」という理由が一番です。本書ではこのような表現がされています。

飛行機に乗って大きく揺れる、墜落するのでないかと怖くなることと同じ。パイロットや客室乗務員は揺れることはあっても、落ちることはないと理解しているから動じない。ます。投資も同じで長期的に投資を続ける中で、一定の揺れは必ずやって来ます。それを乗り越えるのに必要な知識の1つが資本主義への理解です。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!(山崎元・大橋弘祐)

また、投資額に対して元本割れするのではないかというリスクを懸念しているからだと言われています。投資におけるリスクとは、儲かり幅も損する幅も大きい商品のことを指すようです。

資本主義社会では、努力次第で億万長者になるチャンスがある一方で、自助努力と自己責任が伴う社会とも言えます。つまり、今の現状は自分で招いた結果に他なりません。稼いで自分の資産を増やし、その資産を投資という形で社会に還元していく人が増える方が良いんだと思います。労働の対価だけではなく、投資の対価が必要だと感じました。

まとめ

今回は、「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。

本記事の編集者

青年投資家ゼロBLOG(@investerzero

中小企業の平凡なサラリーマン(経営企画室所属)。全くの未経験から独学でブログを勉強。Twitterも同時に開始。副業ブログのおかげで今後の独立が見えてきました。本業と副業のブログを運営しながら奥さんと2人で暮らしています。


  • この記事を書いた人

青年投資家ゼロ

「好青年」と言われるけど貯金0円の27歳。| ブログと投資で脱貯金0円実現が目標 |大学在学中に起業▶︎売上5,000万円に成長!その後M&Aされて▶︎ヘッドハンティング▶︎中小企業の経営企画室最年少(独立目指す)ブログ開始2ヶ月で9,000PV/収益化成功 世界8ヶ国20都市訪問。キャンプが趣味。

© 2021 青年投資家ゼロBLOG Powered by AFFINGER5