投資初心者必見!!投資セミナー(iDeCo)の内容を公開します!

資産形成
ゼロ
ゼロ

いつもありがとうございます。

青年投資家ゼロ(@investerzero)です。

さて、今回は、前回からの続きで、投資についてご紹介したいと思います。早い段階で投資を行っておいた方が良い理由や実際にセカンドライフに必要な資金額については、前回の記事でご理解いただけたかと思います。詳しくはこちら(投資初心者必見!!投資セミナーの内容を公開します!

その中でも、投資を効率よく行うためのポイントに「国の税制制度をうまく活用すること」を挙げさせていただきました。国の主な税制制度3つはご覧の通りです。

投資初心者必見!! 国の三大税制制度

  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • つみたてNISA
  • 生命保険

今回は、三大税制制度のうち、1つ目のiDeCo(個人型確定拠出年金)についてご紹介したいと思います!

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、セカンドライフ(老後)のためにお金を積み立てて、自分で選んだ商品で運用した後、その運用成果を原則60歳以降に受け取る制度のことです。

iDeCoは、国民年金や厚生年金に上乗せされる制度で、セカンドライフの所得確保のために充実した資産形成が可能になります。ちなみに、「iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金」の愛称は、個人型確定拠出年金の英語表記(individual-type Defined Contribution pension plan)の一部から構成されています。また、「i」には「私」という意味が込められていて、「自分で運用する年金」であることを特徴に表現されているんです。

図で見てみるとこんな感じです。自分で決めた掛け金で運用して、掛け金に対する運用益を60歳以降に受け取る仕組みです。

イデコ公式HPから参照

掛け金

掛け金は月々5,000円から可能です。また、途中で掛け金の額を変更することも可能です。

ただし、年に1回しか変更できないので注意が必要です。

運用益

ここが、おもしろいポイントです。

自分で選んだ運用商品(定期預金・保険商品・投資信託など)で運用します。

受け取り

原則60歳になるまでは受け取ることができません。

受取額は、拠出した掛け金の合計額や、運用成績によって一人ひとり異なります。

iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリット

iDeCo(個人型確定拠出年金)の三大メリット

  1. 掛け金が全額所得税控除できる
  2. 利息や運用益が非課税になる
  3. 受け取る時も税の優遇措置を受けられる

掛け金が全額所得税控除できる

掛金全額が所得控除の対象となります

みずほ銀行より参照

給与

所得(手当てを含む額面の収入)- 控除(社会保険・所得税・住民税等)手取り金額

一般的には上図のように、所得(額面の収入)から社会保険料・所得税・住民税などの控除額を差し引いた金額が手取り金額となります。

所得税や住民税は、年収から各種控除等を差し引いた課税所得をベースにして算出されていますが、iDeCo(個人型確定拠出年金)は、各種控除等に含められる対象になるので、税金が軽くなるんです。

具体例を見てみましょう。

45歳(会社員)で年収600万円。iDeCoで毎月1.2万円積み立てた場合
*所得税(10%)、住民税(10%)で計算

● iDeCoに未加入の場合

通常の課税所得:2,980,000円に対して税金が発生

・所得税:2,980,000×10%=29,800円

・住民税:2,980,000×10%=29,800円

・合計:59,800円が支払額になる

● iDeCoに加入の場合

通常の課税所得(2,980,000円)- 掛け金(12,000円×12ヶ月=144,000)2,836,000円に対して税金が発生

・所得税:2,836,000×10%=28,360円

・住民税:2,836,000×10%=28,360円

・合計:56,720円が支払額になる。

つまり、年間28,800円がお得!!

所得控除の手続きは、掛金の払込方法や加入者区分によって多少異なるので注意が必要です。

利息や運用益が非課税になる

一般的に、投資や投資信託などで資産をで運用し、利息や運用益がでた場合には、税金が差し引かれます。

しかし、iDeCo(個人型確定拠出年金)で運用した場合には利益・運用益がでた場合でも税金がかからないんです!

具体的には、利息や運用益にかかる税率は20.315%。iDeCo(個人型確定拠出年金)なら無料です!

運用益が10万円だった場合

● iDeCo未加入の場合

 100,000円×20.315%=20,315円差し引かれるので、

 100,000 - 20,315 = 79,685円が受取額

● iDeCo加入の場合

 100,000円がそのまま受取額

この税制が毎年積み重なるとなるとかなりの金額になることは想像できると思います。

例えば、30歳で毎月20,000円を掛け金(運用利率3%)にすると、60歳になるまでに約102万円がお得になる計算です。

受け取る時も税の優遇措置を受けられる

iDeCoは原則60歳から「老齢給付金」として受け取りを開始できます。ちなみに、受取方法は3つの選択しから自分で選択します。

受け取り方法

  • 一括で受け取り(退職所得控除)
  • 分割で受け取り(公的年金等控除)
  • 一括と分割で受け取り(退職所得控除+公的年金等控除)

いずれの方法を選んでも、各種控除の対象となるので一定額まで税金がかかりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。投資は出来る限り効率よく行うことが大切です。そのために「国の税制制度をうまく活用すること」を挙げ、今回はiDeCoに特化してご紹介してきました。次回は「つみたてNISA」についてご紹介したいと思います。

本記事の編集者

青年投資家ゼロBLOG(@investerzero

中小企業の平凡なサラリーマン(経営企画室所属)。全くの未経験から独学でブログを勉強。Twitterも同時に開始。副業ブログのおかげで今後の独立が見えてきました。本業と副業のブログを運営しながら奥さんと2人で暮らしています。


  • この記事を書いた人

青年投資家ゼロ

「好青年」と言われるけど貯金0円の27歳。| ブログと投資で脱貯金0円実現が目標 |大学在学中に起業▶︎売上5,000万円に成長!その後M&Aされて▶︎ヘッドハンティング▶︎中小企業の経営企画室最年少(独立目指す)ブログ開始2ヶ月で9,000PV/収益化成功 世界8ヶ国20都市訪問。キャンプが趣味。

© 2021 青年投資家ゼロBLOG Powered by AFFINGER5